カードローンなどの審査の対象

大手企業の正社員でにも勤めているし年収もそこそこあるのでカードローンの審査には当然通ると思っていたのに通らなかった。
アルバイトなのでカードローンは無理かなと思っていたのに意外とすんなり審査が通った。
こんなことはよくあることなのです。
それではこの大手企業の正社員とアルバイトの人で何が違ったのでしょうか?
それは過去の履歴です。
大手企業の正社員の方は過去にクレジットカードのキャッシングの返済に何度か滞りがあったのです。現在は完済していたので問題ないだろうと思っていたのでしょう。
しかし、過去の支払いの延滞の記録は最低でも5年間は保管されます。しかも他の金融機関もこの情報を共有しているため、信販会社ではない消費者金融や銀行にも情報は流れているのです。ひどい時は10年経っても審査が通らないという人もいます。
このように借金の支払いの延滞は後々まで影響してしまうものなのです。
一方アルバイトの方は過去にキャッシングもカードローンもした経歴がなかったため、すんなりと審査に通ったという訳です。
このようにカードローンなどの審査の対象はその人の信用に左右されます。いくら年収が多いといっても借金まみれの人にお金は貸したくありませんよね。